隊長メッセージ message
松本有史 YUJI MATSUMOTO浜松No.1の会計事務所を目指して
イノベーションに取り組みます!

仕事って何のためにするのでしょうか?
きっと社会人になりたての頃は、一生懸命働いて欲しいものを買いたいというのが目標になるでしょう。しかし私たちは、ただお金のために働いているのではありません。
仕事で得られる一番の報酬は、人として成長できることではないでしょうか。
人は、誰かに必要とされる方が嬉しくなるものです。そしてそれに応えようとする時に成長します。一緒に悩み問題を乗り越える時に信頼が生まれます。

松本会計は浜松No.1の会計事務所を目指しています。そのためには、もっと気軽に相談ができる、プロフェッショナルな集団になる必要があります。
そうすることでお客様の企業を繁栄させ、税金を増やすことで国を豊かにし、必ずこの社会に貢献にするという信念を持っています。

必要とされ、成長し、信頼される。
会計事務所の仕事って、本当にいい仕事です。

PROFILE

ビジネスマネー研究家/経営コンサルタント
幼少から会社経営に憧れ、高校2年の時に会計事務所経営をすることを決意する。大手監査法人系コンサルティング会社を経て、26歳で会計事務所を創業する。最初の10年間は普通の会計事務所として月並みの成長していたが、創業10年後に金融機関から紹介された「本物の金持ち社長」が顧問先となる。その出会い以後、「本物の金持ち社長」の思考・習慣・お金の使い方を真似るようになった。特に、お金の使い方は会計事務所だから知ることができたものであった。その後、不思議なことに自己の事業がどんどん成長していくことを経験する。
この経験を若手経営者に伝えようと経営サポートに日々奮闘している。お金の使い方を中心とした現場主義の経営アドバイスが経営者から支持されており、現在200社以上の顧問をしている。
セミナー講師としても活躍しており、最近では大学等での講演活動も積極的に行なっている。著書に「はじめての相続・贈与辞典」(アスカ出版)、「税理士が起業・会社経営Q&A」(共著、TAC出版)がある。
1969年生まれ、静岡県浜松市出身。明治大学商学部商学科卒業。税理士、行政書士、株式会社松本会計センター代表取締役、株式会社創継コンサルタンツ代表取締役。
松本有史の著書BOOKS